MegaRAIDにはコピーバック機能というのがあります。

これは、RAIDに参加しているHDD/SSDが故障した時、ホットスペア設定を行なっているHDD/SSDが自動的にRAIDに参加しリビルドされた時、故障したHDD/SSDを交換した時、その交換で新たに挿入されたHDD/SSDがリビルド開始し、ホットスペアだったHDD/SSDがホットスペアに戻るという機能の事をです。

この機能により、常に同一スロットをホットスペアのスロットに固定出来ます。